スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスティーユの陥落 (小説フランス革命) (小説フランス革命 2)

これを読んだのりで続け様に読んだ。

今回の表紙の人物はロベスピエール、裏表紙はデムーランだろうか。


スポンサーサイト

ユダヤの商法

もはやどこでかは忘れてしまったが、
かの孫正義氏が感銘がこの書を読み、起業を志したということを読み、
とある筋から頂戴したのがこのユダヤの商法

自分の考えをまとめる技術―5つの図で整理する

重めの本を並列で読んでいるのに少し飽きてしまって、
軽いノウハウ本みたいな類が読みたくなった。

何のノウハウかと言えば、最近勝間さんのこの本でもタイトルになっているように、
流行の(?)フレームワークのノウハウ本。




革命のライオン (小説フランス革命) (小説フランス革命 1)

以前、『ミシュレ』を読んだことはあったものの、
フランス革命のことは世界史で学んだ程度で、ほぼ無知で生きてきた。

昨今の日経新聞の広告欄で見かけたことや、年末に旅行に行くこともあって、
ついつい手にとってしまった。



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。