HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

マンガでわかる統計学

統計学を学びたい衝動に駆られ、購入した。
本を選んだ軸としては、正直言ってamazonレビューの質の高さ。

そうか、そんなに良いのか、面白いのか。
これは間違いない。


   そう思った。。。





たしかに、全体として、「統計学がどんなものなのか」ということはよく分かった。
また、「どういう風に計算しているのか」ということもよく分かった。


   けれどね。


難解と思われる部分の説明が端折られすぎてて、
 (ここはこーゆーもんだと思ってください、的な)
物足りない。

まあ、実践性にはかけるけれど、
「なーんだ、統計学ってこんなことやることなのか、結構おもしろそ」的な
モチベーションアップのためにはもってこい、、、なのか?? もしれない。

とりあえず、せっかくだし、次の巻も読んでみるか。。。

あぁ…それが狙いかも。


高橋 信,トレンドプロ
Amazonランキング:619位
Amazonおすすめ度:



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/10-41b5d868

見た目以上に骨がある:マンガでわかる統計学
マンガでわかる統計学作者: 高橋 信出版社/メーカー: オーム社発売日: 2004/07メディア: 単行本 「その数学が戦略を決める」を読んで、統計学に興味を持ったため手に取ったのが本書。 表紙の見た目はB級の臭い全開だが、本書は見た目以上に骨がある。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。