HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践

ここでは本のタイトルはあえて伏せるけれど、最初に出会った彼女の翻訳の仕事があまりに雑だったということがあって、あまり好きじゃなかった。

作家として。

でも、時代の流行に若干乗せられて、『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』を読んでみたら、活字の苦手な若者たちに対して、ものすごい社会貢献をしていると思い、好感が持てたのが、掲題の本を読んだ、ほとんど直接の契機。



で、感想を言えば、すごい。

ずっとこれを読まなかったことに対して若干の後悔を残しつつも、モチベーションがあり得ないくらい上がった。

後悔したことの主な理由としては、
・これまでフレームワークをあまりに軽視しすぎていたこと
・そして、そのままで多くの貴重なデータに接していたこと
・中でもロジカルシンキングに関してはほとんど才能に任せていたこと
・によって、かなり大量の時間の浪費をしてしまっていただろうこと
などがある。

そして、モチベーション上昇の結果として、
・フレームワークを増やしていくこと
・頭の柔軟性を高めること
・思考の深みをさらに追求すること
など、課題が発生した。

ただし、この本にも難点はあったように思う。
それは、おそらく、最後にもっとも簡単そうなものを持ってきてしまっている点。

良い話を聞いても、実際に実践できる人は少ないなんて話が書いてあったか否かは(さほど重要な話ではないと思ったため)忘れたが、その要因の一つとして、この本の構成法があげられる。

とはいえ、少なくとも日本にいる大半の人がその構成法のおかげで、ぬるま湯に浸かり続けてくれるのであれば、話は通じやすくなり、できる人は限られるという(自分にとっては)好ましい状況になる。

身の回りの大事な人から、この本を進めていき、エキサイティングな社会にしていこう。

とりあえず、勝間さんは翻訳は苦手だけど(笑)、本当に頭の良い女性だということは感じた。

今の彼女との結婚式に祝辞を頂けるくらいにはいつかなりたいかな。
なんと不純なオチ。




関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/12-ff9fa624

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。