HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

自分の考えをまとめる技術―5つの図で整理する

重めの本を並列で読んでいるのに少し飽きてしまって、
軽いノウハウ本みたいな類が読みたくなった。

何のノウハウかと言えば、最近勝間さんのこの本でもタイトルになっているように、
流行の(?)フレームワークのノウハウ本。




そう、軽い本なのだ。

重要な事項がみっちり詰まっているので、すぐに読めてしまう。
まとめると、①状況把握のため、そして、②対策検討のために、
以下の5つの図解手法を用いてみようというもの。
1.フロー図
2.ベン図
3.ツリー図
4.点グラフ
5.マトリクス

①は、問題の「似たものを列挙すること」、
②は、問題を「要素に分解すること」という
前提条件の部分での差異はある。

が、図の利用方法という点から考えれば、
2つにさほど差異はない。

チェック方法は以下。

前提条件のそれは、
因果関係にあるか?
 NO↓  YES∟→「フロー図」を利用
(抽出した違いor共通項は)重なりあっているか?
 NO↓  YES∟→「ベン図」を利用
3項目以上になるか?
 NO↓  YES∟→「ツリー図」を利用
定量化できるか?
 NO↓  YES∟→「点グラフ」を利用
「マトリクス」

それぞれについて、細かく説明してあるが、
あまりに簡易に説明してあるため、
理解したつもりになってしまうかもしれないが、
書いてある通りにやってみれば、使いこなせるようになるだろう。

100ページちょいという薄い本であり、
半分は図であるので、ほんの短時間で読めてしまうが、
頭の整理が出来ていない人にとっては本当に有用な本だろうと思う。





関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/15-2823d778

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。