HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

その数学が戦略を決める

甥っ子のマーティーが持っているTシャツは、表には「この世には10種類の人間がいて……」と書かれている。これを読んで、その10種類が何なのか考え始めた人は、その時点ですでに負けだ。

負けたくないなら読むべき良書。
ちなみに私は負けましたが、後悔はしていません。


ちなみに、彼の甥のTシャツの背中にはこうあるらしい。

それは二進法を知っている人と、知らない人だ


そう、二進法において、(十進法の)2は10と表される。

絶対計算革命の根底にあるのは、
二進数バイトへの移行なのだ。


本書は徹底的なまでに、「専門化vs絶対計算者」という構図にしている。
そして、ことごとく、後者が勝つ。

以前、学術世界に居たころは、よくこう言われた。
「WikipediaやGoogleの情報をもとに発言するな」

しかしながら、本書はむしろ、そういった情報を
うまく活用することを進めているようなフシがある。

紹介されている話として、こういったものがある。

医師たちが長い議論を経ても正しい診断についてまったく合意に達しなかった症状があった。
それについて、ある教授が、研修医に診断を尋ねてみた時の話。

彼女は、診断を下しましたと述べ、症状に見事にあてはまる珍しいIPEXという症候群を報告した。どうやってその診断に達したのか尋ねられると、彼女はこう答えた。「主要な特徴をグーグルに入れたら、すぐに出てきましたよ」当直医は唖然とした。「ウィリアム・オイラーは墓の中で悶絶していることだろう。診断をググった?(中略)われわれ医者はもう要らないというのか?」

まさにこういう状況が起きているのだと思う。
伝統にしがみつき、その道を全うするのか。
それとも、そういった情報を活用し、伝統をさらなる発展へと導くのか。

人間の判断は、最高の回帰分析に劣るというだけではない。
ほとんどどんな回帰分析にも劣るのだ。



イアン・エアーズ
Amazonランキング:3774位
Amazonおすすめ度:



数IA・IIB・IIICがこの1冊でいっきにわかる もう一度 高校数学

細野真宏の数学嫌いでも「数学的思考力」が飛躍的に身に付く本!

Excelでマスターする ビジネスデータ分析 実践の極意
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/25-f2b9590f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。