HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

mixiアプリの真の狙い

ライバルはモバゲーでもGREEでもない--mixiアプリの真の狙いとは -CNET

mixi事業本部長

「ソーシャルプラットフォームはみなさんが思っているよりも早く、世界的な競争に巻き込まれますよ」

最近、いやにSNS企業のニュースが多い。
当ブログでは取り上げていませんが、DeNAは海外に勢力を拡大しているし。
各社の戦略の違いが面白い。

今回のタイミングでは、仕方ないのでしょうが、
「mixiアプリ≒サインシャイン牧場」のように感じて読めてしまいました。

言い方を変えると、サンシャイン牧場以外で
突き抜けるポイントはないのだろうかと。

とはいえ、興味深く思ったところは数点。

そういう意味では「足あと」も重要な要素なんです。GREEの田中社長には「足あとはもう古い」というようなことを言われたようですが、例えばサンシャイン牧場で「友人が自分の牧場に水やりをしに来てくれた」というようなことも、1つの足あとですよね。コミュニケーションというとテキストを打つとか、コメントを書き込むとかいったことを想像しがちですが、そうではなくて、友人を感じることができるかどうかが重要で、軽いふれ合いが大切になってくると思います。



実際そうだろうと思う。
根本的な喜びで、本質的だとは思う。

SNSをはじめたばかりのユーザーが足あとに喜ぶ姿は誰しも見たことがあるに違いない。

けれど、これも慣れたらそこまでではないのでは?
ここまで強調すべきところかは分かりません。
田中社長の話の方が個人的にはしっくり来たかな。

例えば今mixiアプリで人気の「サンシャイン牧場」も、オンラインゲームとしてみればただ作物を植えているだけかもしれない。でも、そこに実際の人間関係が加わることで面白くなる。



また「サン牧」。
でも確かに、仲間との関係性の上で農業を営むのは楽しかったりするし、流行った理由だと思う。

で、読み進めると、

短期的な利益を焦ると全体のエコシステムも小さなものになってしまいます。



これは支援事業の話について言及したのだろうと思うけれど、
話の流れ上、「サン牧」を想起してしまい、
こういった話がついつい頭に浮かんでしまうのは、意地悪でしょうか。

あとは、

たとえば農場を育てるゲームで、北海道に行かないと手に入らないアイテムなどがあってもいい。



これは携帯電話ならではで面白い。
でもアイデア自体は、こういったのとか、こういったイメージなんでしょうかね。

課金トラブルはもっての他だけど、
無料で盛り上がったゲームが、
有料になったら、どのくらいユーザーが残るんでしょうね。

・・・。

ともかく、楽しいゲームがどんどん生まれてくれることを祈っています。

mixi、モバゲー、GREE。
次に来るのはどのSNSだ?

mixi・mbga・gree・amebaを全力で比較する -らられぽーと

なるほど、アメーバを忘れてた。

関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/350-3085d6d1

ガーデニングはやめて、旅行に出かけよう。
「位置ゲー」その他まとめ。 -Nu + 放言癖 携帯電話のGPS機能を使った「位置ゲー」。 全国を巡るゲームのため、「お金に余裕がないとできな...

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。