HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

次の鍵はコミュニケーション Google予測

ネット動画が変える広告ビジネス、次の鍵はコミュニケーション--グーグル予測 -CNET

インターネットの動画配信市場では、YouTubeが圧倒的なシェアを保持している。米国調査会社comScoreによると、YouTubeの動画視聴回数は2009年8月の1カ月間で100億回を超えた。2008年7月は月間約50億回だったので、1年で2倍に増えていることになる。オンライン動画視聴が増加するにつれ、動画サイトへの広告需要も高まっている。存在感を増すYouTubeの動向を取材するために、Googleが出席するセッションにいくつか参加し、その動画配信のビジネス戦略について聞いた。



オンライン上で増加する動画コンテンツの中から自分の好みのものを探し出す検索サービスが重要性を増し、検索連動広告市場の成長を牽引するだろうと考えている。Googleは、動画広告市場でもAdWordsと同じような仕組みによる収益化を考えているようだ。



間違いないし、実際もう始まってますよね。
「検索」という行動が生じる限りは応用できるモデルかと。
ただ、AdWordsと決定的に異なるあの点はどうするのかという素朴な疑問。

Googleのマーケティング部門ヘッドであるDavang Shah氏は、「データ分析に重きを置き、出稿広告の費用対効果を厳しく評価する広告クラアイントが増えている」としながら、「広告出稿する目的やゴールが明確でないと、データ分析に価値はない」と指摘する。広告出稿の目的やターゲットが代理店やメディアと共有されていないと、数値評価だけに終わってしまい、反省点を生かしたビジネス拡大につながらないと懸念しているようだ。


Exactly。

「アドエクスチェンジは、広告クライアントのニーズに最適化した広告枠を提供できるし、メディアにも適正なクライアントを紹介できる」と語っていた。



How?And, why?
おっと、話題が移るのか。

次世代広告では、コミュニケーションが重要になる。効率的なコミュニケーションツールを開発した企業が、広告市場の覇権を握るだろ



Googleには一般論を語って欲しくないのだけれど、
確かにそうだろうと思う。

実際にどう展開するのかという話は
まだNGなんでしょうかね。

うーん、もっとつめていいですね、この記事。

関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/383-b4d659ad

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。