HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

「非婚」のススメ

「非婚」のススメ! 結婚する男は無謀、結婚する女は策略家? - メンズサイゾー

現在、婚姻件数は年間70~80万、離婚件数は20~25万の間で推移しており、これは実に結婚したカップルの3組に1組は離婚する計算になる。最近では家電の発達やコンビニ、ファーストフード飲食店の普及により、男の一人暮らしでも日常生活に支障はない。都内の地域包括支援センターで働くソーシャルワーカーに話を聞いた。
「昔から『結婚は人生の墓場』という格言がありますが(苦笑)、格差社会が進行する中、中流階級以下の男性にとっては、結婚のメリットが見い出せない世の中になってきています。子どもが大学を卒業するまでの経費は2,000万円程度が相場でしたが、最近では少子化により、ひとりの子どもにかける額が高騰し、一般家庭でも一子につき3,000万円程度をつぎ込むようになっています。自分一人で生活していく分には、月20万円の収入でもなんとかなるでしょうが、年収200~300万円程度の男性にとっては、結婚や子育てはとても厳しいでしょう」(前出・ソーシャルワーカー)
さらに住宅ローン、病気やケガに遭った時の医療費も家族の分を含め蓄えておかねばならないし、手塩にかけて子どもを育てても、定職に就かずニート化してしまった場合、金をむしり取られる一方だ。
仮に、愛する女性と出会って結婚を望んだ場合でも、相手と一生添い遂げられるかどうか熟考したほうがいい。「うまくいかなかったら別れればいいや」という恋人気分のまま結婚をすると、痛い目に遭う。
もし離婚訴訟に発展した場合、明らかに不利なのは男性側です。離婚理由が妻側の不倫などの場合でも、確実な物証がない限り、夫が敗訴する確率は 100%に近い。逆に、何の証拠がなくとも妻に『夫はDVをはたらいていた』と口撃されれば、これを退けることはかなり困難。これまで、実際に暴力をふるったことなどないのにDV加害者に仕立て上げられた、という男性も少なくありません」(都内弁護士事務所スタッフ)
夫から妻へ罵詈雑言など言葉の暴力があった場合、妻側にPTSDや精神障害をもたらしたと認定されれば、傷害罪として起訴される可能性もある。
さらにひどいのは、いわゆる「離婚産業」が間に介在するケースだ。配偶者のDVや浮気を工作するのが離婚産業の基本で、たとえば「別れさせ屋」の工作によって、夫が"DV加害者"にされてしまうことも少なくない。多くは妻側に夫以外の男性との恋愛が生じ、夫と離婚したいという時に、DV工作が行われるという。正直に夫に話せば多額の慰謝料を請求する恐れがあると考え、「別れさせ屋」に依頼するのだ。

笑えない内容ですね。
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/418-5593ea31

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。