HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

米Googleピシェット氏が語るデジタル経済6つの変革から

お米マン米GoogleCFO

検索クエリから景気回復の「明かりが見えてきた」--Googleピシェット氏:ニュース - CNET Japan

Pichette氏は、インターネットを中心にしたデジタル経済について「まだ始まったばかり。5年で10倍、10年で100倍に成長する」と期待を寄せる。そして、今後のデジタル経済には次の6つの変革が起こると語った。

* Everything that was offline is now online
* Living in the cloud
* Innovation is cheap
* Everything localized down to you
* Search is personal
* All marketing is digital

これはつまり、

そう遠くない未来、オフラインにあったコンテンツはすべてオンラインに移り、Eメールをはじめとしたデータがクラウド上にある状態になるのだという。そして小規模な企業でも能力の高いサーバなどを使ってイノベーションを起こせるようになり、最後には「デジタル化」という言葉が必要なくなるほどに、生活様式からマーケティングまでがデジタルと密接になっていくとした。


ということとのこと。
確かにそうかもしれない。

最近は実際に話すのはネット上で行うことの方が多い人は増えたと思う。
dialogueだけでなく、monologueでさえ、ネット上にあって、
それがmonoとdiaの間を行き来している状態。
非常に面白い。

ひと昔前では「出会い系と変わらないんでしょ?」と言われたSNSも、最近では当たり前になってきているし、
「動画を見る」となると、Youtubeやニコニコ動画の類とほぼイコールだったり、
「あの芸能人てどんな顔だっけ?」となると、Google画像検索にすぐに手がいく。
本を読むのも、いまやデジタル。
アナログは淘汰されるばかり。

広がる可能性を感じることはもちろんです。
しかし、一抹の不安を感じてしまうというのも正直なところ。

やはり本は「本」であって欲しいし、
人は「人」であって欲しい。

杞憂であれば何も問題はないですがね。

関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/464-b42ad8af

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。