HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

美しい日本語

最近美しい日本語に触れることがとみに多くなりました。
感度が強くなっているといえばそれまでですが、
身の回りをよく見渡してみると、日本語が上手な人がいたりするものです。

「美しい日本語」っていうと主観的ですが、
それでよいと思っています。

基準は、
 ・相手に対する心遣い、思いやりが感じられるもの
 ・そのときの気持ちをよりよく表現できているもの
といったところでしょうか。

こんなエントリーを発見しました。

相手に「時間」を使わせない心づかい

●およびません……「部長には遠く~」「ご足労には~」など謙遜するときや必要がないことを美しく伝える表現。

●きまりが悪い……気恥ずかしさや照れ臭さを表した古風な言い回し。「~ところを、お目にかけました」。

●襟を正して……気持ちを引き締める際に使う。『史記』に「襟を正して危坐す」とある。「各自、~臨むように」。

●汗顔の至り……恥ずかしくて合わせる顔がない様子。どちらかというと女性はあまり使わない。「このたびの不手際につきましては、誠に~です」。

●お目もじ……古く宮中の女性が好んで使った、面会を求める表現。男性はあまり使わないほうがいい。「~のうえ、ご相談したく存じます」。

●お名残惜しいのですが……別れを惜しむ気持ちが強いことを表す。「~、お先においとまさせていただきます」。



いつもこういった言葉ばかりでも少し戸惑ってしまいますがw、
こういった日本語が自然と出てくる大人と付き合っていると、
すがすがしい気持ちになるのも確かです。

己の日本語能力は、未熟だと思いました。
まだまだ精進します。

LINK


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/476-8dbfecee

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。