HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

部下を伸ばす質問、潰す質問

部下を伸ばす質問、潰す質問 | 部課長の基本

有効なのは、特定の答えを求めない質問だ。「なぜ」「どうやって」「どんな」といった言葉で、部下が自分自身の解決策を見つけるお膳立てをし、部下の能力や自信、そして当事者意識を高めるようなことを聞くのである。



それに対し、力を奪う質問は、本人の自信をそぎ、パフォーマンスを低下させる。この種の質問はたいてい失敗に重点を置いているか、質問者の意図があからさまかのどちらかだ。



とのこと。

さらに、次の7パターンのなかから1つ、あるいは2つ以上を組み合わせることによって
価値を創造する効果的な質問をすることが可能であるという。

(1)問題を明確化する──「この状況についてもっと詳しく説明してくれないか」

(2)よりよい協働関係を築く──「売り上げ目標は達成したの」ではなく、「売り上げはどんな調子なの」と聞く。

(3)部下が分析的かつ批判的に考える手がかりを与える──「このルートでいくと、結果はどうなるだろう」

(4)じっくり考えさせ、物事を新しい視点から眺めさせる──「これはなぜうまくいったのかな」

(5)飛躍的な思考を促す──「それを別の方法でやることはできないかな」

(6)前提の正当性に疑問を投げかける──「実行プロセスに対する責任を分担するとしたら、君は何を失うことになると思うかね」

(7)解決策は自分で見つけるという意識を持たせる──「君の経験をもとに提案してほしいのだが、われわれは今何をすればいいだろう」



これは、気をつけないといけませんね。

関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/514-a4ae0522

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。