HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

キャッチコピーの宝庫 『残念な人の思考法』

実はこの本「残念」な部分が多いのですが、
所々、そうだなーと思う部分はありました。

システム化×「思考停止」=残念なトラブル


便利になると、残念な人が増える


小さな約束を守れない人と大きな約束はできない


趣味をどれだけ深く語れるかで、仕事の可能性が決まる


「意識改革」はしなくていい



残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)



■目次
-----------------------------------
1章 残念な人はつくられる
2章 二流は掛け算で考え、一流は割り算で考える
3章 残念な人は「塗り絵」ができない
4章 機能だけを磨いても二階には上がれない
5章 人生を残念にしないためのプライオリティ
-----------------------------------

なぜ、この本が売れたのか。
ひとえに、広告文言の訴求力の強さでしょうね。



関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/619-d8f6b0d9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。