HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>■日常の独り言

徹底抗戦

結論から言うと、予想以上でした。

真実はひとつである。しかし、曖昧なことも多い。解釈次第で世の中どのようにでも変化する。



その通りだと思う。


《目次》

予兆――“虎の尾”を踏んだ、ニッポン放送株買収と衆院選出馬(魅惑のフジテレビ
 いざ、買収へ
 敵対的買収
 意外な「援軍」
 立候補した理由
 日本にも大統領制を
 幻のソニー買収作戦
青天の霹靂――逮捕、そして勾留へ
 強制捜査
 証拠隠滅なんて…
 ストップ安
 本当の戦犯
 野口英昭氏の怪死
 後任社長が平松庚三氏になった理由
 私は仕手戦の株屋なのか?
 容疑者ルームにて
 逮捕の日
 勾留決定
 検事、取調べ開始
 独房の日々
 気の利く差し入れ
 風呂でオナニー
 嗚咽するほど泣いた話
 熊谷氏との邂逅
 読書の話
 刑務所の中
 起訴後勾留
 温かい刑務官
 ラジヲの時間
 内藤検事登場
 自分との闘い
 保釈の日
徹底抗戦――われ、検察とかく戦えり
 保釈直後
 対人恐怖症の克服へ
 初公判へ向けて
 徹底抗戦!
 公判前夜
 世論の変化
 究極の「政治屋」亀井静香
 地裁判決の日
 ゴルフ道
 税務調査
 控訴審
 上告へ
 ライブドア事件の本質
真相――いまだから書ける、あんなことこんなこと
 株主総会のこと
 世界的企業を目指した理由
 SBI北尾吉孝氏のはなし
 拝金主義について
 悪役(ヒール)へ
 突撃記者・日本テレビ木下黄太氏
 検察制度改革
 保釈金のこと
 過剰報道
 懲役の恐怖
 将来のこと
 その後のライブドア
 人を信じるということ



本当に面白かった。

よくよく考えると、当時の悪い噂を特に疑うこともなく、
「ホリエモン=悪の権化」みたいに考えていた自分がいたのは事実。
無批判的になっていたのは反省すべき点。
なんでホリエモンがつかまったの?悪いことしたんでしょ?
くらいに自分でも、周りの人とも話していなかった気がする。

しっかし、こんなにも、言いがかり的な感じだとは思わなかった。

彼の言葉を借りれば、現金が入金されていたことに対して、
「資産が増えたと書くか、利益が出たと書くかという違い」
それだけの話だったなんて。

まー当時彼がどんなだったかなんて、正直忘れてしまったから、
なんとも言えないけれど、おおっぴらに行われたイジメだったのかな、なんて思う。

あまりに出る杭は打たれてしまったのかなあという印象。
こーゆーのってどこの世界にもあるよね。

以下、色々な意味で興味深かった部分と簡単なコメント(気が向いたものは)を列挙。

そもそもライブドアのポータルサイトのページビューが「ヤフージャパン」に大きく離されているのだから、そのページビューを増やすために放送の圧倒的なリーチを使うというこんなシンプルな発想が、なぜ、みんな理解できないのか。そのことが、理解できなかった。

たしかに。

かつて、日経連が共産主義勢力対策のために設立した"御用放送局"ニッポン放送と、カトリック布教のために聖パウロ修道会が設立した文化放送

そーだったんだ。

未だに皇族に敬語を使うことが原則化しているマスコミの報道姿勢にはちょっと違和感を覚えるし、憲法の第一章が天皇から始まることに違和感があるのも事実だ

同感。

予算編成をしていた丸山という社員の名前はすっかり忘れてしまっていた

ここでちょっと幻滅。大きな会社の社長ってそんなもんかなー。沢山いて全員覚えてるってのは無理な話なのかね。

ユーグレナは高濃度の二酸化炭素環境でも生育できる。火力発電所など二酸化炭素を大量に排出するプラントにユーグレナの生育プラントを併設すれば二酸化炭素排出の削減にも役立つのだ。

この辺り、かなり面白かった。

私の目標であり夢である、宇宙の探索と宇宙の果てを知る旅、そして、人間の起源とその限界を探る冒険、それらへのチャレンジ

ホリエモンと言う人、とても面白いと思った。こんなビジョンを持った人だとは知らなかった。

黒かったり、エロかったり、
そんな悪いイメージを払拭できるよう、
頑張って欲しいと、
心のそこから思いました。


関連記事

この記事のトラックバックURL

http://okomelover.blog25.fc2.com/tb.php/74-4d614707

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。